カウンタ

YouTube Shuffle Player

ページ更新日:2009/ 3/28

YouTube Shuffle Player ガジェットのページです。

概要

YouTube で再生したい動画をあらかじめ登録しておき、ランダムで再生できる Windows Vista 専用のガジェットです。

YouTube Shuffle Player サイドバー配置 YouTube Shuffle Player アンドッキング

主に以下のような機能があります。

動画再生リストの登録

再生したい動画を登録できます。リストの登録数に制限はありません。

再生リストの登録

動画の再生

登録した動画を選択して再生することができます。

再生リスト

自動再生

動画を再生し、動画ごとに設定した時間が経過すると自動的に次の動画を再生します。この機能は「Auto」チェックで切り替え可能です。

Auto チェック

ランダム再生

「Random」にチェックを入れると自動再生時にリストからランダムに選択して動画を再生することができます。

Random チェック

再生リストの別ファイル保存

通常、ガジェットの設定データはガジェットをサイドバーから削除すると消滅してしまいますが、再生リストに関しては別ファイルとして保存しているので、ガジェットを誤って削除した場合でも再度起動したときに読み込めるようになっています。

動作環境

動作環境
OS Windows Vista (32bit OS のみ)
HD空容量 50KB 以上
コンポーネント Adobe Flash Player
(参考) You Tube ヘルプ センター 「動画を再生できません。何が問題でしょうか」
その他 インターネット接続必須 (YouTube の動画を途切れることなく再生できる速度の回線が必要。約500kbps 以上)
(参考) You Tube ヘルプ センター 「動画を見ているとき、停止と再生を繰り返します」
 
動作確認スペック
OS Windows Vista Ultimate (32bit)
ディスプレイサイズ 1400 x 1050 (32 bit)

ダウンロード

ファイル名 ソフト名 ファイルサイズ バージョン 公開日時
youtube_shuffle_player_1_1.zip YouTube Shuffle Player 27.6(KB) 1.1 2007/ 9/17

※このソフトを使用したことによって発生したいかなるトラブルにも責任は負いかねます。そのことをご理解のうえお使いください。著作権や免責事項などについては下のリンクを参照してください。

インストール方法

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開くダウンロードしたファイルは「ZIPファイル」という複数のファイルがひとつのファイルに圧縮された形式になっており、解凍しなければファイルを開けないのですが、Windows Vista では標準で ZIP ファイルの解凍機能がついているのでダブルクリックして開いてください。

ZIP ファイルの中身をコピーするZIP ファイルの中身を開いたら一度すべてのファイルをコピーして別な場所に置いておいてください。これでファイルを解凍したことになります。(含まれるファイルは右図と異なる場合があります)

ガジェットのインストールファイルを解凍したら 「youtube_shuffle_player.gadget」というファイルをダブルクリックします。すると右のようなダイアログが表示されるので「インストールする」のボタンを押します。

バージョンアップ確認もし、前のバージョンがインストールされている場合は右のようなダイアログが表示されます。「置き換える」ボタンを押して新しいバージョンに置き換えてください。

更新エラー再生リストバックアップただし、サイドバーにガジェットが配置されたままだと右のようなダイアログがでて更新できないので、あらかじめサイドバーから YouTube Shuffle Player を外しておいてください。

サイドバーからガジェットを外すと動画再生リストが消えてしまうので、あらかじめ再生リストのテキストをコピーしてテキストエディタなどに張り付けておいてください。このテキストはバージョンアップ後に再度張り付けることによって再利用できます。

ちなみに Ver 1.1 からはガジェットをサイドバーから外しても再生リストが消えないようになっています。

インストールされた YouTube Shuffle Player右のサイドバーに右図のようなガジェットが追加されたらインストール完了です。

アンインストール方法

ガジェットボタンYouTube Shuffle Player をアンインストールするには、サイドバーの上にある「+」のボタンを押します。

アンインストール右のようなダイアログが出たら「YouTube Shuffle Player」を右クリックして「アンインストール」をクリックしてください。

確認ダイアログが出るので「アンインストールする」をクリックして完了です。

※アンインストールを行うと動画の再生リストも削除されてしまうので注意してください。

使い方

設定ボタン設定はじめて起動したときは右のような状態になっているので、右図の上か下のどちらかの方法で「設定」ダイアログを開きます。

設定ダイアログすると右のようなダイアログが出るのでここに YouTube の再生したい動画を登録します。

入力項目入力する項目は右図の3つになります。

「ID」には再生したい動画のIDを入力します。(次項目参照)

「名前」には動画の名前を入力します。この名前は動画を選択するときに表示される名前なので、YouTube 上で表示される名前と一致している必要はありません。わかりやすい名前を付けてください。

「時間」は動画の再生時間を入力します。これは再生を自動で切り替えるときの目安になります。動画の再生時間を入力することにより、一つの動画を再生し終わった後、タイミングよく別の動画再生に移ることができます。(次項目参照)

3つの項目を入力し終わったら「追加」ボタンを押してリストに追加します。登録すると上の入力項目が空になるので、他にも追加した動画がある場合は続けて登録していってください。

再生したい動画のページを開くID はどこから拾ってくるかについてですが、まず、YouTube のサイトから再生したい動画のページを開きます。

動画ID次に IE7 を使用している場合、ウインドウの上部にページの URL が表示されてますが、その URL の「v=」の後ろにあるテキストが、動画のIDになります。これを登録するときに入力してください。

長いURLただし、右のようにページを開いたときの状態によっては長い URL になっている場合があります。このときは「v=」から「&」の前までがIDになるので、これを使うようにしてください。

再生時間再生時間については、再生されている動画の下に赤文字で表示されている数字がその動画の再生時間になりますので、これを入力してください。

追加されたリストリストを追加すると下のテキストボックスにテキストが追加されます。追加するごとにテキストが1行ずつ追加されています。

再生する動画は1行ごとに並んでいるので、再生リストから消したい場合はその行を削除してください。

リストの登録完了リストの追加が終わったら「OK」ボタンを押して完了です。もし登録しない場合は「キャンセル」ボタンをしてください。

リストが追加され動画が表示される前の画面に戻ると、再生ボタンとリストが表示されるようになります。ここで再生ボタンをクリックすれば動画が再生されます。

動画再生リスト動画が再生される下のリストから動画を選択すると、即座にその動画が再生されます。

下の「Auto」にチェックを入れた場合、動画の再生が終わった後、自動的に次の動画が再生されるようになります。

「Random」にチェックを入れた場合、「Auto」にチェックが入っていればリストの中からランダムに選ばれた動画が再生されます。このチェックが入っていない場合はリストの順番通りに動画が再生されます。

また、「Next」ボタンを押すと、強制的に次のリストの動画が再生されます。「Random」にチェックが付いている場合は、リストからランダムに選択して動画を再生します。

再生遅延時間YouTube の動画の再生開始が遅れ気味で、最後まで再生が完了する前に次の動画が再生されてしまう場合は、「再生遅延時間」を少し多めにとってみてください。単位は ms(ミリ秒)です。

F & Q

動画が再生できない

使用しているPCが動作環境を満たしているか確認してください。「動作環境

また、このソフトは Web 上の YouTube の動画をそのまま再生しています。詳しくは YouTube のホームページで確認してみてください。「YouTube ヘルプ センター トラブルシューティング

動画が最後まで再生されない

自動再生の切り替えのタイミングについては、動画の再生が途中で止まったりしないことを前提で処理を行っています。そのため、動画の再生開始が遅れてしまったり、途中で一時停止、回線が込み合い再生が中断されるなどの現象が起こった場合は、動画の再生が途中で切り替わる場合があります。

もし、最後まで再生されない現象が頻繁に起こる場合は、設定画面の「再生遅延時間」を多めにとってみてください。

再生遅延時間

また、動画リストを入力するときに、再生時間を間違って入力している可能性もあるかもしれないので、確認してみてください。

再生リストについて

Ver 1.1 からはガジェットをアンインストールしない限りは再生リストが消去されることがなくなりました。サイドバーからガジェットを削除しても、サイド追加したときに再生リストを読み込みます。

再生リストは「YouTube Shuffle Player」をインストールしたフォルダに保存されます。ファイルは以下のフォルダに保存されています。

  • %USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets\youtube_shuffle_player.gadget\PlayList.txt

再生リスト保存場所

この再生リストはユーザーごとに保存されるので、他のユーザーと共有することはありません。

もし、リストのバックアップをとっておきたい場合は、設定ダイアログに表示される下のテキストボックスのテキストを丸ごとコピーしてテキストファイルとして保存しておいてください。

もとに戻す場合は、そのテキストをテキストボックスにコピーしてOKボタンを押せば元に戻ります。

バックアップ

プログラムについて

この「YouTube Shuffle Player」のプログラムは、 「赤坂 玲音さん」の記事「ガジェットでYouTubeを再生する」をベースにして、私、「オノデラ」が機能の追加を行っています。

著作権・免責事項

免責事項

  • 本ソフトを利用したことによってご利用者に直接または間接的損害が生じても作者はいかなる責任をも負わないものとし、一切の賠償等は行わないものとします。そのことをご理解のうえお使いください。

著作権

  • 本ソフトは日本国著作権法および国際条約の規定によって保護されています。
  • 本ソフト(プログラム及び関連ドキュメントを含める)の著作権はオノデラユウイチにあります。ただし、プログラムのベースについては「ガジェットでYouTubeを再生する」のページを参考にし、「赤坂 玲音」さんに許可をいただいております。

配布について

  • 特定の個人への二次配布は許可しています。ただし、不特定多数の人に自由に配布できる状態にしてはいけません。また、データの一部を抜き出して配布することは禁止しています。
  • ホームページ上などで当ソフトを紹介したい場合などは、「http://sorceryforce.com/」へリンクする方法を取ってください。
  • 雑誌掲載などに関しては、メールにて応対します。(http://sorceryforce.com/mail/index.html)

本ソフトウェアについて

  • ソフトの仕様は将来予告なしに変更することがあります。

バージョンアップ履歴

Ver 1.1 (2007/09/17)

  • 動画再生リストを別ファイルに保存するようにした。ガジェットをサイドバーから削除してもリストを再読み込みできるようになりました。
  • 操作上不便なところを改善
  • 「Next」ボタンを配置。強制的に次の動画を再生できるようにした。(ランダムにも対応)
  • 再生遅延時間を設定できるようにした。どうしても再生開始が遅れて最後まで再生できない場合に設定してください。
  • 「ID」や「名前」などを入力した後に、「追加」ボタンを押さないで間違って「OK」ボタンを押してもリストが登録されるようにした。
  • 表示スタイルを若干変更

Ver 1.0 (2007/09/04)

  • 初回バージョン完成
広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.