カウンタ

CD や DVD をディスクイメージファイル化する

ページ更新日:2011/10/30
概要

CD は DVD は使うたびに CD/DVD ドライブに入れなければならず、意外と手間になります。また、物理的な媒体になるため保管場所も問題になります。ここではそれら CD や DVD のデータを「ディスク イメージ ファイル」という形でファイル化し、他のファイルと同様に HDD などにデータ形式で保管できるようにするための説明をしています。

あくまでもバックアップや利便性のための手法ですので、作成したファイルを第3者に提供するようなことはしないようにしてください。また、コピー制限のかけられている CD/DVD については今回の方法でファイル化することはできません。

ディスクイメージファイル作成設定画面
動作環境
動作確認環境
OS Windows 7
内容

Alcohol 52% Free Edition のダウンロードをインストール

今回ディスクイメージファイルを作成するツールとして「Alcohol 52% Free Edition」を使用します。

このツールは本来はディスクイメージファイルをマウントできる仮想ディスクドライブを設定するためのツールですが、CD/DVD からディスクイメージファイルも作成できるとても便利なツールです。

有料版と無料版がありますが、ここでは無料版を使用して説明しています。英語サイトですがツールは日本語で使用できます。

以下のリンク先のページから「Download」をクリックしてください。

Download をクリックするとインストーラーファイルがダウンロードされるのでダウンロードしてください。そのまま実行することもできますし、一度ファイルとして保存してから実行することもできます。

ファイルとして保存した場合は「Alcohol52_FE_[バージョン番号].exe」ファイルを実行します。

インストーラー画面が開きますので「Next」をクリックします。

License Agreement をよく読み「I Agree」ボタンをクリックします。

この後再起動を要求された場合は一度再起動を行いもう一度インストーラーを起動してください。

ツールバーのインストールを設定します。不要であれば「Include the Alcohol Soft Toolbar」のチェックを外しましょう。

各コンポーネントの設定を行います。すべてチェックがついているので不要なものについてはチェックを外してください。

インストール先のフォルダを指定します。そのままでいい場合は「Install」ボタンを押すことによってインストールが開始します。

インストールが完了すると図のような画面に移ります。

とりあえずそのまま起動、設定するので「Run Alcohol 52%」「Add Alcohol Virtual Drive at first run.」にチェックを入れたまま「Finish」ボタンをクリックします。

ディスクイメージファイルの作成

Alcohol 52% が起動すると図のようなウインドウが表示されます。ディスクイメージファイルを作成したい CD、または DVD を入れて左の「イメージ作成ウィザード」をクリックします。

イメージ作成ウィザードが表示されたら CD/DVD のあるドライブを選択します。そのまま「開始」ボタンで開始することもできますが、フォーマットや出力先パスを指定するために「読み込みオプション」タブをクリックします。

イメージファイル名には作成するディスクイメージファイルのファイル名を指定します。

イメージのパスに出力先フォルダパスを指定します。

イメージフォーマットとしては「.mds」と「.iso」があります。

「.mds」はディスクイメージファイルを分割したりして出力できるフォーマットです。分割した場合はファイル一式が必要になります。

「.iso」は単一のディスクイメージファイルになります。ファイル1個がまるまる CD/DVD のファイルサイズになりますが利便性は高いです。

開始ボタンを押してディスクイメージファイルを作成すると一覧に作成したディスクイメージファイルが表示されます。

出力先フォルダを見てみるとファイルが作成されていることがわかります。

更新履歴
更新日時 更新内容
2011/10/30 Alcohol 52% ダウンロードページのリンク先がトライアルエディッションになっていたのでフリーエディッションに変更
2010/09/20 ページ作成
広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.