カウンタ

開発タブを表示してフォームの配置や VBA によるプログラム開発を有効にする

ページ更新日:2010/03/13
概要

Excel 2007 や 2010 ではデフォルトでは Visual Basic によるマクロの作成やフォームの配置などが無効になっています。ここではリボンに開発タブを追加してそれらの機能を有効にする方法について説明します。

開発タブを表示してフォームの配置や VBA によるプログラム開発を有効にする
動作確認バージョン
対応 Excel バージョン
  • 2007
  • 2010
確認 Excel バージョン
  • 2007
  • 2010
内容

対象 Excel バージョン

Excel 2010

開発タブを表示するには、リボンのタブあたりを右クリックして「リボンのユーザー設定」を選択します。

「Excel のオプション」ダイアログが開くので「リボンのユーザー設定」の一覧から「開発」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

すると右図のようにリボンに「開発」タブが表示されます。

Excel 2007

画面右上の「Office ボタン」をクリックして「Excel のオプション」をクリックします。

「Excel のオプション」ダイアログが開いたら、右のメニューから「基本設定」を選択し、「[開発]タブをリボンに表示する」にチェックをいれ OK ボタンをクリックします。

リボンの「開発」タブが表示されます。

サンプル ダウンロード
更新履歴
更新日時 更新内容
2010/03/13 ページ作成
広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.