カウンタ

ラステイル

ページ更新日:2008/ 1/19

ラステイルのプログラムとプロジェクトを含むフォルダをまとめて移動させると、起動したときにプロジェクトが開けなくなる

プロジェクトが開けなくなるラステイルのプログラム本体とプロジェクトを同じフォルダに置いていた場合、それらを含むフォルダを別な場所にまとめて移動させると、ラステイルを起動したときに右のようなダイアログがでてプロジェクトが参照できなくなります。

これは、ラステイルを起動したときに読み込むプロジェクトファイルを「フルパス」で調べているため、プロジェクトファイルが移動されると参照できなくなるためです。

Ver 2.0 では強制的にプログラムとプロジェクトを同じフォルダに配置しなければなりませんでしたが、Ver 3.0 ではプログラムとユーザーデータであるプロジェクトを分離できるような仕組みになっています。


プロジェクトを参照し直す方法はいくつかあります。

プロジェクトを起動時に参照し直す

新規で作成しないプロジェクトが参照できないと、ラステイル起動時に右のようなダイアログが表示されます。このダイアログで「いいえ」を選択してください。


他のプロジェクトファイルを探す続いて右のようなダイアログが表示されるので、「はい」を選択します。


プロジェクトファイルを選択ファイル選択ダイアログが開くので、目的のプロジェクトファイル「Project.rtp」ファイルを選択して開きます。

するとプロジェクトの参照が再設定され通常通りの作業を行うことができるようになります。


ラステイルを起動中に別なプロジェクトを開く

プロジェクトファイルの新規作成作成フォルダ指定もし、右のようなダイアログが表示されたときに、間違って「はい」を選択すると、もともと参照しようとしていたフォルダにプロジェクトが新たに作成されてしまいます。

ここで作成を行うと、空のプロジェクトが開かれた状態になります。


別なプロジェクトを開く間違って新しいプロジェクトを作成した場合は、メニューの「アプリケーション」から「別なプロジェクトを開く」を選択します。


プロジェクトファイルを選択

ファイル選択ダイアログが開くので、目的のプロジェクトファイル「Project.rtp」ファイルを選択して開きます。

するとそのプロジェクトが読み込まれ、通常通りの作業を行うことができるようになります。


設定ファイルを書き換える

設定ファイルラステイルを起動したときに開くプロジェクトは「Setting.xml」という設定ファイルに書き込まれているので、この内容を編集することにより起動時に開くプロジェクトを指定することができます。

以前ラステイルを起動したにも関わらず、設定ファイル「Setting.xml」がない場合はページ一番下を参照してください。


ラステイルを起動中の場合は一度閉じてください。

ラステイルのプログラムと同じフォルダに「Setting.xml」というファイルが置いてあるので、メモ帳などのテキストエディタで開いてください。


FirstOpenProjectFilePathファイルは「XML」で記述されており、「RastailSetting\FirstOpenProjectFilePath」のノードに起動時に開くプロジェクトファイルのパスが書かれているのでこれを変更してください。

ファイルを保存するときは文字コードを「UTF-8(BOMなし)」で保存してください。

あとはいつもどおりラステイルを起動するだけでOKです。


もし、以前にラステイルを起動したことがあるにもかかわらず、「Rastail.exe」プログラムと同じフォルダに設定ファイル「Setting.xml」がない場合は、書き込み権限などの問題などから別なフォルダに出力している場合があります。その場合は下記のフォルダにファイルがないか探してみてください。

Windows Vista C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\SorceryForce\Rastail
または
C:\Users\[ユーザー名]\Documents\SorceryForce\Rastail
Windows XP C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\SorceryForce\Rastail
または
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\My Documents\SorceryForce\Rastail

Q&A へ

広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.