カウンタ

Management Studio でテーブルのデザイン変更を有効にする

ページ更新日:2010/06/19
概要

SQL Server 2008 や SQL Server 2008 R2 で、SQL Server Manageement Studio を使ってテーブルの列の名前や型を変更しようとしても既定では変更が許可されていません。ここでは変更を有効にする方法について説明します。

Management Studio でテーブルのデザイン変更を有効にする
動作確認バージョン
対応 SQL Server バージョン
  • 2008
  • 2008 R2
確認 SQL Server バージョン
  • 2008
  • 2008 R2
内容
テーブルの作成

SQL Server Management Studio でテーブルの新規作成や変更を行う場合、図のような入力レイアウトを使用して設定します。テーブルの新規作成や作成済みのテーブルについても列の追加については問題なく操作を行えます。

テーブルの列変更

しかし、一度作成したテーブルについて列名の変更やデータ型の変更、列の並び替えなどを行いたい場合があると思います。

変更不可

変更後にテーブルを保存しようとすると、図のように変更の保存の許可がされていないため、警告ダイアログが表示されてしまいます。これらの操作はテーブルの再作成が発生してしまうため、不用意に変更できないようにデフォルトで変更が許可されていないために発生します。

ツール - オプション

変更を許可するにはメニューから「ツール」→「オプション」を選択します。

テーブルの再作成を必要よする変更を保存できないようにするのチェックを外す

オプションダイアログが表示されたら左のツリーから「Designers」→「テーブル デザイナーおよびデータベース デザイナー」を選択し、右のオプションから「テーブルの再作成を必要よする変更を保存できないようにする」のチェックを外します。

サンプル ダウンロード
更新履歴
更新日時 更新内容
2010/06/19 ページ作成
広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.