カウンタ

 プロパティ

ページ更新日:2008/ 3/ 9

 続いてプロパティについて説明します。プロパティとはフォームコントロールテキストボックスやボタンなど)の細かい設定を制御するパラメータみたいなものです。これを変更することにより、フォームならフォームの状態を簡単に変更することが出来ます。

 では前回のプロジェクトを開いてみましょう。プロジェクトの開き方は、前回の Tips の後の方に載せているのでそちらを見てください。

プロジェクトを開いた画面

 ちなみにこのフォームの編集画面を「デザイナ」と呼びます。このデザイナの画面で表示されているフォームを右クリックして「プロパティ」を選択してください。

デザイナ

 すると画面右に「プロパティ」と呼ばれるウインドウが表示されるかと思います。(表示される位置は設定により異なります

プロパティ

 ではひとつパラメータを変更してみましょう。
 リストにある左側に「Text」という項目があるので、その右側の「Form1」という文字列を「サンプルプログラム」と変えてみてください。そのあと適当に別なところをクリックすると、デザイナのフォームのタイトルバーの文字が変更されていることが分かります。

タイトルバー変更

 実行してみても、文字が変わっていることが分かります。このように .NET Framework アプリケーションでは、このプロパティを変更することによって、フォームやコントロールを簡単に制御することが出来るのです。

 ではためしにもう少し設定を変えたいと思います。フォームの状態を「最大化できないようにする」「フォームのサイズをマウスで変更できないようにする」という設定に変更してみたいと思います。

 まず最初に「フォームは最大化できないようにする」にはプロパティから「MaximizeBox」の項目を探して、「False」に設定します。

最大化無効

 次に「フォームのサイズをマウスで変更できないようにする」には「FormBorderStyle」を探して「FixSingle」を選択します。

サイズ固定フォーム

 では、実行してみてください。最大化ボタンが無効になり、マウスでフォームのサイズが変更できなくなりました。

最大化無効、フォームサイズ固定

 さて、プロパティに関しての説明はこれくらいにします。他にもいろいろあるので、自分で変えてみたり、調べたりしてみてください。


 サンプルプロジェクトです。

ファイル名 言語 サイズ
property_2005_cs.zip C# 16KB
property_2005_vb.zip VB.NET 20KB
property_2005_cpp.zip C++/CLI 23KB
広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.