カウンタ

XNA

ウインドウモードとフルスクリーンを切り替える

ページ更新日:2010/10/23
概要

マウスの左ボタン、またはゲームパッドの A ボタンを押すことによってウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替えます。

ウインドウモードとフルスクリーンを切り替える
動作環境
必須環境
対応 XNA バージョン
  • 2.0
  • 3.0
  • 3.1
  • 4.0
対応プラットフォーム
  • Windows (XP SP2 以降, Vista, 7)
  • (Xbox 360)
  • Windows Phone 7
Windows 必須頂点シェーダ バージョン 2.0
Windows 必須ピクセルシェーダ バージョン 2.0
動作確認環境
プラットフォーム
  • Windows 7
  • Xbox 360
  • Windows Phone 7 エミュレーター
サンプルの操作方法
動作 キーボード Xbox 360 コントローラー マウス タッチ
ウインドウモードとフルスクリーンの切り替え - A 左ボタン -
内容

GraphicsDeviceManager.ToggleFullScreen」メソッドを呼び出すごとにウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替えることができます。このメソッドは Windows と Windows Phone で有効であり、Xbox 360 で実行しても効果はありません。Windows Phone の場合はシステムトレイが非表示になります。

ボタンを押しているかで判断すると押している間はずっと切り替えが発生してしまいますので、フラグを追加して押した瞬間のみ動作するようにしています。

// マウスの左ボタン、または Xbox 360 コントローラの A ボタンを押したとき
// ウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替える
if (!this.pushed &&
    (mouseState.LeftButton == ButtonState.Pressed || 
     gamepadState.Buttons.A == ButtonState.Pressed))
{
    // ウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替える
    this.graphics.ToggleFullScreen();
}

// 押下状態記憶
this.pushed = mouseState.LeftButton == ButtonState.Pressed |
              gamepadState.Buttons.A == ButtonState.Pressed;
GraphicsDeviceManager.ToggleFullScreen メソッド
ウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替えます。
MSDN ライブラリの Web ページへリンク
プロジェクト ダウンロード
ファイル サイズ 対応XNAバージョン プラットフォーム 作成日
xna_tips_togglefullscreen_4_0_project.zip 89 KB 4.0 Windows (XP SP2 以降, Vista, 7), Xbox 360, Windows Phone 7 2010/10/09
xna_tips_togglefullscreen_3_0_project.zip 16 KB 3.0 Windows (XP SP2 以降, Vista), Xbox 360 2009/01/04
xna_tips_togglefullscreen_2_0_project.zip 14 KB 2.0 Windows (XP SP2, Vista), Xbox360 2008/01/01
xna_tips_togglefullscreen_1_0_ref_project.zip 14 KB 1.0 Refresh Windows (XP SP2, Vista), Xbox360 2007/10/04

※ Ver 4.0 のパッケージには実行ファイルも含まれています。(Windows 版のみ)

サンプル実行ファイル (Windows のみ)
ファイル サイズ 対応XNAバージョン プラットフォーム 作成日
xna_tips_togglefullscreen_3_0_exe.zip 5.5 KB 3.0 Windows (XP SP2 以降, Vista) 2009/01/04
xna_tips_togglefullscreen_2_0_exe.zip 5.4 KB 2.0 Windows (XP SP2, Vista) 2008/01/01
xna_tips_togglefullscreen_1_0_ref_exe.zip 5.3 KB 1.0 Refresh Windows (XP SP2, Vista) 2007/10/04
全コード
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using Microsoft.Xna.Framework;
using Microsoft.Xna.Framework.Audio;
using Microsoft.Xna.Framework.Content;
using Microsoft.Xna.Framework.GamerServices;
using Microsoft.Xna.Framework.Graphics;
using Microsoft.Xna.Framework.Input;
using Microsoft.Xna.Framework.Media;
#if WINDOWS_PHONE
using Microsoft.Xna.Framework.Input.Touch;
#endif

namespace ToggleFullscreen
{
    /// <summary>
    /// ゲームメインクラス
    /// </summary>
    public class GameMain : Microsoft.Xna.Framework.Game
    {
        /// <summary>
        /// グラフィックデバイス管理クラス
        /// </summary>
        private GraphicsDeviceManager graphics = null;

        /// <summary>
        /// スプライトのバッチ化クラス
        /// </summary>
        private SpriteBatch spriteBatch = null;

        /// <summary>
        /// スペースキー押下フラグ
        /// </summary>
        private bool pushed = false;


        /// <summary>
        /// GameMain コンストラクタ
        /// </summary>
        public GameMain()
        {
            // グラフィックデバイス管理クラスの作成
            this.graphics = new GraphicsDeviceManager(this);

            // ゲームコンテンツのルートディレクトリを設定
            this.Content.RootDirectory = "Content";

#if WINDOWS_PHONE
            // Windows Phone のデフォルトのフレームレートは 30 FPS
            this.TargetElapsedTime = TimeSpan.FromTicks(333333);

            // バックバッファサイズの設定
            this.graphics.PreferredBackBufferWidth = 480;
            this.graphics.PreferredBackBufferHeight = 800;
#endif
        }

        /// <summary>
        /// ゲームが始まる前の初期化処理を行うメソッド
        /// グラフィック以外のデータの読み込み、コンポーネントの初期化を行う
        /// </summary>
        protected override void Initialize()
        {
            // TODO: ここに初期化ロジックを書いてください

            // コンポーネントの初期化などを行います
            base.Initialize();
        }

        /// <summary>
        /// ゲームが始まるときに一回だけ呼ばれ
        /// すべてのゲームコンテンツを読み込みます
        /// </summary>
        protected override void LoadContent()
        {
            // テクスチャーを描画するためのスプライトバッチクラスを作成します
            this.spriteBatch = new SpriteBatch(this.GraphicsDevice);

            // TODO: this.Content を使用してゲームコンテンツを読み込む
            //       ロジックを書いてください
        }

        /// <summary>
        /// ゲームが終了するときに一回だけ呼ばれ
        /// すべてのゲームコンテンツをアンロードします
        /// </summary>
        protected override void UnloadContent()
        {
            // TODO: ContentManager で管理されていないコンテンツを
            //       ここでアンロードしてください
        }

        /// <summary>
        /// 描画以外のデータ更新等の処理を行うメソッド
        /// 主に入力処理、衝突判定などの物理計算、オーディオの再生など
        /// </summary>
        /// <param name="gameTime">このメソッドが呼ばれたときのゲーム時間</param>
        protected override void Update(GameTime gameTime)
        {
            // キーボードの状態を取得
            MouseState mouseState = Mouse.GetState();

            // ゲームパッドの状態を取得
            GamePadState gamepadState = GamePad.GetState(PlayerIndex.One);

            // Xbox 360 コントローラ、Windows Phone の の BACK ボタン、
            // またはマウスの右ボタンを押したときにゲームを終了させます
            if (gamepadState.Buttons.Back == ButtonState.Pressed ||
                mouseState.RightButton == ButtonState.Pressed)
            {
                this.Exit();
            }

            // マウスの左ボタン、または Xbox 360 コントローラの A ボタンを押したとき
            // ウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替える
            if (!this.pushed &&
                (mouseState.LeftButton == ButtonState.Pressed || 
                 gamepadState.Buttons.A == ButtonState.Pressed))
            {
                // ウインドウモードとフルスクリーンモードを切り替える
                this.graphics.ToggleFullScreen();
            }

            // 押下状態記憶
            this.pushed = mouseState.LeftButton == ButtonState.Pressed |
                          gamepadState.Buttons.A == ButtonState.Pressed;

            // 登録された GameComponent を更新する
            base.Update(gameTime);
        }

        /// <summary>
        /// 描画処理を行うメソッド
        /// </summary>
        /// <param name="gameTime">このメソッドが呼ばれたときのゲーム時間</param>
        protected override void Draw(GameTime gameTime)
        {
            // 画面を指定した色でクリアします
            this.GraphicsDevice.Clear(Color.CornflowerBlue);

            // TODO: ここに描画処理を記述します

            // 登録された DrawableGameComponent を描画する
            base.Draw(gameTime);
        }
    }
}
更新履歴
更新日時 更新内容
2010/10/09 XNA Game Studio 4.0 用に修正
2009/01/04 XNA Game Studio 3.0 のプロジェクト追加
2008/05/18 文章・プログラムの校正
2008/01/01 XNA Game Studio 2.0 用に修正
2007/10/04 ページ作成
広告
Copyright (C) since 2005 Yuichi Onodera (おのでら), All rights reserved.